たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

贅沢な一人ランチと立派な切干大根

f:id:pandanukichen:20180522084409j:plain

ぱんだぬきの家では家族はみんな成人です。

誰かが帰ってくると思うと、ちょっとウキウキして

色々なおつまみ材料をついつい買い集めてしまいます。

先週末の残り物も冷蔵庫にたくさんあって

暫くはおつまみやちょっとの一品には事欠きません。

昨日ののお昼は贅沢なサンドイッチとソーダでした。

 

食パンは2斤焼くとスライスして冷凍してあります。

トースト用に厚めにスライスしたのと、

サンドイッチ用に薄くスライスして二枚組にしたのと。

解凍してサラダとおつまみの残りの

スペインの生ハムとモッツアレラチーズを載せ、

レモン汁とオリーブオイルを垂らして、

あっという間におひとりさま贅沢ランチの出来上がり。

冷凍してあったパンでしたが

自然解凍で美味しく食べられました。

 

夕飯はカレーライス、これも週末の残りの焼き野菜で

野菜たっぷりカレーになりました。

 

それと、こちらは朝ごはんのおかずに

切り干し大根の煮物です。

f:id:pandanukichen:20180522085837j:plain大きな切り干し大根で、食べごたえがあります。

油揚げと人参と椎茸を一緒にゆっくり煮ました。

 

海老名の八百屋さんで買ってきた立派な切干大根がこちら。

普通の宮崎産の物の5倍くらい太いです。

水戻しにも時間がかかり、存在感有ります。f:id:pandanukichen:20180522090114j:plain

裏書を見ると鹿児島産大根を京都の会社が製造したものです。

ハリハリ漬けにした時も、戻し時間も長く、

漬かるまでの時間もかかりましたが

ちょっと癖になる感じかもしれません。

 

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp