たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

沙羅双樹の花

f:id:pandanukichen:20180604090414j:plain

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
     沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる者も久しからず ただ春の夜の夢の如し
     猛き人もついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ

 

平家物語の冒頭の一節です。

中学校(?)で暗記されられた人も多いのではないでしょうか。

その沙羅双樹がの木がお隣にあります。

これからの季節ベランダから毎日眺めます。

6月に入るとすぐ咲き始めました。 

沙羅双樹は「なつつばき」とも言います。

咲いて一日で花は落ちてしまいます。

f:id:pandanukichen:20180604090507j:plain

まだ咲き始めたばかりで数は少ないけれど、

蕾はたくさんあります。

毎日涼しげな花を咲かせてくれます。

f:id:pandanukichen:20180604090816j:plain

盛者必衰、気を緩めちゃいけませんね。

ぱんだぬきのパン教室は盛者と言うほどではないけれど、

15年続いたことに胡坐をかかず、

努力を続けなくてはいけないな、と思います。