たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

ヒコイワシ、アンチョビに昇格

ヒコイワシを塩漬けしてから一か月たちました。

 一か月前にこんな記事を書きました。

www.pandanuki.com

その時の鰯の15%の塩漬け、こんなでした。

f:id:pandanukichen:20180627225701j:plain

ときどき混ぜながら一か月経ち、

塩辛らしくなりました。

なかなか、劇的ビフォーアフターです。

f:id:pandanukichen:20180627230146j:plain

 さっと洗って食べてみると塩辛いものの、

熟成された美味しさがあります。

 

アンチョビを作る 

 

まず 鰯は水で洗ってよく水を取りました。

透明感があります。

瓶詰で買うアンチョビよりかなりフレッシュです。

f:id:pandanukichen:20180627230906j:plain

これを小さな瓶にきっちり詰めていきます。

ぱんだぬきは熱湯消毒した、

豆板醤の空き瓶を用意しました。

f:id:pandanukichen:20180627231656j:plain

二段目以降はなかなかうまく入れられませんでした。

隙がありますね。

これにオリーブオイルを注ぎます。

 

f:id:pandanukichen:20180627233759j:plain

鰯が空気に触れないようにたっぷり注いで

蓋をしてまた冷蔵庫に入れ、保存します。

本来のアンチョビよりフレッシュな分、

消費期限は短いだろうと思います。

 

野菜室には、更に塩を足した鰯の塩漬けが入っています。

こちらもそのうちアンチョビに昇格させて

比べて見なくては、と思っています。

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp