たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うことをつづります

杏の誘惑

 

 

ぱんだぬきはあんずがが大好きです

f:id:pandanukichen:20180702190946j:plain

 

干しあんずも、子どもの頃食べた駄菓子屋のあんずも、あんず棒も。

だから、家にはあんずの木も植えたのですが

ちっとも実がなりません。今年はかろうじで4こ?

 

誘惑に負けました

 

f:id:pandanukichen:20180702184547j:plain

子どもたちも巣立ったし、

食べすぎちゃうし、あんずはもう買わないつもりでいました。

でも、見ちゃうと誘惑に負けそうになります。

小さ目の杏は見かけてもスルーしてきました。

でも、今日、大きな色の濃いあんずをスーパーで見かけて

誘惑に負けて買ってしまいました。

杏ジャムを煮る

 

計ってみると2パックで1キロ。

洗って種をはずし、一個を8個ほどの串に切ります。

砂糖は600~700g。一緒に鍋に入れます。

数分待つと砂糖が溶けてきますから、

強火にかけ、アクを取りながら一気に煮ます。

あんずは焦げやすいのでなべ底を絶えずへらでかき混ぜます。

出来立ての杏ジャムは美しいオレンジ色です。

f:id:pandanukichen:20180702191853j:plain

瓶が足りない

ジャム瓶は便利なので洗って使いまわすのですが

この頃、離れている子どもたちに何かしら詰めて渡していたため

今日に限ってジャム瓶が足りません!

大きいけれど、まあいっか、と

トマトソースの瓶も急きょ登場。

煮上がったジャムを熱い内に詰めて

すぐに蓋をして、倒立させて冷まします。

f:id:pandanukichen:20180702192841j:plain

f:id:pandanukichen:20180702190946j:plain

 

 ジャム瓶が使いまわしなので、ラベルをつけないと

変なカシスジャムやトマトソースになっちゃいます。

カシスなら色が違うから間違わないけれど、

マーマレードと思って開けたのに杏だったら、がっかりしちゃう。

 

 

www.pandanuki.com

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp