たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うことをつづります

中国のきのこは真っ黒でした

一昨日の投稿の、キノコの続きです。

戻したきのこはこれ。読み方もわかりません。

ご存知の方いらしたら、ぜひコメント頂きたいです。 

f:id:pandanukichen:20180712160435j:plain

www.pandanuki.com

 水戻ししたきのこはこんな感じでした。

ビフォー・アフターです。

f:id:pandanukichen:20180712155528j:plain

f:id:pandanukichen:20180712154445j:plain

大きいところを広げてみました。

笠の部分はぺたぺたで柔らかく、

軸の部分は固く、繊維質。

f:id:pandanukichen:20180712160224j:plain

戻した水はウスターソースの様に真っ黒で

底にはじゃりじゃり、細かく砂っぽい物が残ります。

これを料理に入れる勇気はありませんでした。

 

そこで、笠の部分だけみじん切りにして、

鶏のひき肉と混ぜて中華風のスープを作ってみました。

f:id:pandanukichen:20180712160914j:plain

 

茸の笠をみじんに切って、

鶏ひき肉に混ぜてよく練ります。

生姜のしぼり汁、酒、醤油を加えて

更に水を加えてとろとろにします。

器に入れてふんわりラップをかけて

2~3分ほど、澄んだスープと肉が分離するまで

電子レンジで加熱します。

胡椒を振って、できあがり。

 

ちょっと慣れない香りでしたが、

たぶん美味しいきのこなんだろうな、と思えました。

ただ、時々じゃりっと歯にあたる砂も気になって、

あまりおいしく頂けませんでした。

 

残りは茸だけでゴマ油で炒めてみました。

味付けは醤油です。

ぺたぺたしていて、慣れない香りで、

こちらも美味しくは食べられませんでした。

 

何かを合わせて量を増やしてしまうことにも抵抗があり、

初回はこれにて終了です、

他の茸、3種類はどんなんだろう?

そのうち、トライします。