たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うことをつづります

スティックパン再び、ぱんだぬき流で

長時間熟成スティックパンにもう一度チャレンジしました。

 

前回ご報告はは基本のスティクパンを

出来るだけテキスト通りに作ったものでした。 

スティックパンを試作します① - たぬきのぱんやさんにっき

スティックパンを試作します② - たぬきのぱんやさんにっき

スティックパンを試作します③ - たぬきのぱんやさんにっき

 

図書館で借りた、吉永麻衣子さんの本は返してしまいましたが、

記憶を頼りにもう一度スティックパンを作ってみました。

今度はスティックメロンパンです。f:id:pandanukichen:20180712090005j:plain

ぱんだぬきなりのスティックメロンパンは以下の通りです

  1. メロンパンはサクッとした口当たりが良いので生地にバター5gを足した。
  2. ボウルの中では捏ねにくいので、台に出して捏ねた。
  3. 冷蔵庫では発酵の温度が低かったようなので野菜室で発酵させた。f:id:pandanukichen:20180712082259j:plain
  4. クッキー生地は記憶に残っていなかったので別の作り方をした。*1f:id:pandanukichen:20180712083414j:plain

 5.発酵終了した生地はビニール袋を切ってメロン生地に乗せて伸ばしf:id:pandanukichen:20180712084612j:plain

6.ビニール袋語とひっくり返して、ビニールを剥がしグラニュー糖を振ります。

包丁で格子模様をつけてからカットしそうっと天板に乗せます

f:id:pandanukichen:20180712093516j:plain

7..ぱんだぬきのトースターは小さいので、ガスオーブンの天板を利用。f:id:pandanukichen:20180712085541j:plain

8.焼成は日立のオーブン「簡単パン」モード弱に任せました。f:id:pandanukichen:20180712085758j:plain

 

今度はきれいに焼けました。

 

前回のスティックパンよりサクッとした口当たり、

薄めのメロン生地はカリカリ、ちょっとハードなメロンパン。

小さいお子さんにはちょうど良い感じです。

 

難しいのはカットしてから天板に乗せるところでした。

夏なので生地が直ぐべとついてきて伸びてしまいそうです。

包丁でカットして刃に乗せるようにして移動させました。

スティックメロンパン、満足の出来上がりでした。

 

忙しい乳幼児のお母さんが焼くための、

一番簡単なパンのレシピとして

長時間発酵のおうちパン、広まっているようです。

 

今回のぱんだぬき流は少し生地を扱い慣れた人向きにです。

次回は元レシピよりさらに簡単レシピにしてみたいです。

ヒントをくださった、おうちパンの吉永麻衣子先生に感謝。

*1:今回のメロン生地①ビニール袋に薄力粉50gとバター15g、砂糖30gを入れて手で揉む。②溶き卵10gとバニラオイルを足してさらによく揉む。③ビニール袋に入れて20cm×15cmに伸して冷蔵庫で保存。