たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

f:id:pandanukichen:20180715151119j:plain

暑いですねえ。朝顔がゆだってしまいそう。

 

今日はお昼を買って食べてみようと、買い物がてらコンビニへ。

 

神社脇の坂をてくてく下りて先ずホームセンター。

ちょっと人は少なめ。なにせ暑いから。

 

残念ながらお目当てのプリンターインクもメモリーカードもなくて、

ちょっと涼んだから良いか、とコンビニでお昼ご飯を買いました。

 

 

暑い中歩くだけでも暑いのに、西日本では泥と戦っている人がいる・・・

涼みながらなんて言っていたら作業進まないだろうし、

本当に大変、ご苦労なこと・・・暑いくらい文句言っちゃいけない

 

つらつら考えながら小学校の坂を上りました。

住宅街にさしかかると

 

庭先のプールに三人の乙女。

4歳くらいから小学校4年生くらいかな。

メッチャ楽しそう、涼しそう。

そこへ帰ってきたお兄ちゃん、2年生くらいかな?

「うわ!プール!ボクも入る!」

乙女たちは声を揃えて「え~~~!」

女は強し。お兄ちゃん入れてもらえたかな?

 

しばらく行くと、駐車スペースで水鉄砲で遊ぶ兄弟。

お兄ちゃんは水のタンクを背負って

弟の三輪車のペダルを的にシューーー!

三輪車のペダルが水車の様にくるくる勢いよく回ります。

お兄ちゃんのかっこよさに見とれている弟君。

「すごいねえ、」思わず立ち止まって声を掛けました。

不審者だったかな・・・

 

夏は水が楽しいですね。

一昨日のこどもパン教室でも

「今日はともだちちでプールはいってからきた!」

と嬉しそうに教えてくれた子がいました。

パンを焼くときにつかう霧吹きでシュシュッとしてあげると

みんなきゃあきゃあ喜びます。

 

人の体も7~8割は水でできているし、

地球の温度を調整してくれているのも水だし、

水って楽しいし、気持ちいいし、本当に大事です。

でも、本当はとても怖い物なので

味方につけて、意地悪されないように、

水を怒らせないように、

水の動向には注意を払わないとならないのですね。

お盆でほおづきも赤くなる時期、水の事故も増えます。

気をつけなければと思います。 

f:id:pandanukichen:20180715151255j:plain

家に帰って夫さんとごはんです。

冷やし中華、パリパリサラダ麺、ヒジキ煮、牛蒡サラダ、水ようかん。

こんなに買って1,300円。

いろんなものが入っているし、結構おいしい。

材料は無駄にならないし。

コンビニでランチは作るより安いな・・・・

でも、プラゴミがとっても多いよね。

環境問題を考えたら、自分で作る方がいいのかな。

いや、効率悪いから自分で作るのはタダの贅沢なのかもしれない・・・

そんなことをつらつら考えました。