たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら
https://pandanukitchen.hatenadiary.jp/
ぜひ見にいらしてくださいね。

鶏を一羽、ハサミで解体、下ごしらえ。

 

鶏一羽を使い切ります

 

久しぶりに丸鶏を見かけて買いました。

1キロちょっと、700円くらいです。

半身焼き、蒸し鶏、チキンカレーの三種類に下ごしらえします。

f:id:pandanukichen:20180716000423j:plain

先ず、背骨を境に二枚に切り分けます。 

 

脚を縛っているタコ糸をほどきます。

焼き鳥で言う「ぼんじり」の横から背骨に沿って

調理ハサミでジャキジャキ切り分けます。

あばら骨は柔らかいので簡単に切れます。

f:id:pandanukichen:20180716231620j:plain

 

鶏の重さの1%ほど11gの塩と胡椒少々を用意し全体にもみ込みます。

背骨の無い半身は袋に入れて、半身焼きか半身揚げに使います。

 

次は、背骨のある半身をさばきます。

 

鶏のモモの付け根と手羽の付け根のあたりは

皮にゆるみがあって、脚や手羽の先を引っ張ると空間ができるので

先ず皮だけを切ります。

皮を切ると、モモや手羽の筋肉の区切りが見えるので、

ハサミの先で切り分けて行くことができます。

関節が見えたら、その間の筋をハサミで切れば切り取れます。

胸肉やささみは胸の中央の軟骨から

はがすように切って行くとうまく解体できます。

 

骨のない胸肉とささみは蒸し鶏用にします。

ビニール袋に入れて酒少々を足して口をきっちり結びます。

 

残りはもも肉、手羽肉各1と骨周りのガラ、カレー用です。

 

ガラは別に塩をしておいて、さっと洗ってスープを取れば良いのですが

今回は横着してカレーのたれに一緒に入れてしまうことにしました。

ヨーグルトと塩とスパイスを混ぜてビニール袋に入れて揉みます。

f:id:pandanukichen:20180716232500j:plain

ヨーグルトは1/2カップ位、

カレー粉大さじ山1

塩小さじ1

その他のスパイスはあれば入れます。

クミンとクローブと黒こしょうを効かせると

チキンカレーらしくなる気がします。

スパイスの量もヨーグルトの量も、いつも適当です。

このカレーヨーグルトにカレー用に切った鶏を入れます。

f:id:pandanukichen:20180716232911j:plain

一羽分の下ごしらえが終わりました。

 

どこかで教わったさばき方ではないので、邪道ですが

キッチンばさみ一本で気軽に簡単に解体できます。

一キロくらいの鶏を見かけたら、試す価値ありと思います。

しばらくチキン三昧です。