たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うことをつづります

鶏一羽を食べきる①

こんにちは、ぱんだぬきです。

今週は教室が立て込んでいるので、

先日下ごしらえした丸鶏が活躍しています。

下ごしらえした鶏は、味の薄いもの、

低温で調理する物から消費するようにしています。

f:id:pandanukichen:20180719100129j:plain

塩と酒少々と共にビニール袋に入れた、胸肉とささみは

炊飯器蒸し鶏になりました。

炊飯器に袋ごと肉を入れ、かぶるくらいに熱湯を注ぎます。

それから炊飯器を保温にします。(くれぐれも炊飯スイッチは押さない)

今回の鶏は一羽で1㌔で小さいのでそのまま1時間置きました。

今回は薄切りで、辛子醤油を添えました。

冷やし中華でも、ごまだれでも、そうめんの具でも。

袋に残る汁は鶏出汁そのものなので、

素麺の汁やゴマダレやドレッシングを作る時に使います。

今回は青梗菜のオイスター炒めの味付けに使いました。

 

 

www.pandanuki.com