たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら
https://pandanukitchen.hatenadiary.jp/
ぜひ見にいらしてくださいね。

庭のスイカはちゃんとスイカでした。

庭のスイカを持って子どもの家へ

 

金曜日に収穫したスイカは直径22cm、5.2㎏ありました。

夫婦二人で食べきる大きさではありません。

そこで冷蔵庫で丸一日よく冷やして、

保冷バッグに入れて、東京に住む子どもの家に行きました。

f:id:pandanukichen:20180805220240j:plain

前の日に友達が泊まって行った、という学生の末子の部屋には

友達が飾って行った、風船が壁に並んでいました。

楽しい友達が来るようです。

 

本物のスイカになっていました

 

重さにめげそうになりながら持って行ったスイカ

切ってみるとこの通り。

f:id:pandanukichen:20180805220143j:plain

f:id:pandanukichen:20180805220051j:plain

真っ赤でみずみずしく、

我が家の庭になったとは思えない立派なスイカです。

ちょっと皮が厚いような気がしますが、

タネもちょうど黒く熟れているし、

収穫日はばっちりの様。

末っ子の家から一時間ほどのところに住む長男も

イカのうわさを聞きつけてやってきました。

 

食べてみると甘くて、ちゃんとスイカ

よくがんばって大きくなったね、といとおしく思いつつ、

みんなで美味しく食べました。

 

御馳走様でした。