たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

生イーストで食パン焼き

朝から食パンを焼きました。

 

自家用で、シンプルな2斤の角食パンです。

練習も兼ねて自家用食パンを焼き続けています。

f:id:pandanukichen:20180811110536j:plain

我が家ではイギリスパンと呼ばれる、山形の食パンより

きめが細かくしっとり詰まっている角食パンが定番です。

ドライイーストより、甘い香りの生イースト仕様です。

 

今日の配合と時間配分

 強力粉(イーグル)  500g

 生イースト       16g

 塩           10g

 砂糖          35g

 ショートニング     35g

 冷水          350g  

タイムテーブル

 捏ね    20分

 一次発酵  50分(途中30分でパンチ)

 分割  4玉  230×4

 ベンチ    30分

 成形  俵型  型容積 3

 二次発酵   30度40分(オーブンレンジ発酵機能)

 焼成     200℃ 27分(ガスオーブン)

 

窯入れ前の写真です。

f:id:pandanukichen:20180811111859j:plain

 

イーストは日持ちがしないので、

売っているところが限られていて、

使っている人が少ないです。

でも、一度生イーストを食パンに使い始めたら

もう戻れません。

生地の香りも、感触も

できたパンの香りもきめ細かさも

ぱんだぬきは生イーストの虜です。

 

大人の教室でたまに生イーストを使うと

皆さんその香りの良さに驚かれます。

「生イーストで食パンを焼くこと」

広めたいなと思います。

 

炊き立ての白いご飯が家で炊けるように

パンも、食パンとフランスパンだけ焼けたら

それだけでいいのではないかと思います。

(パンの先生としてはあがったりだけど)

 

ホームベーカリーが目指したのはそこなんですよね。

ホームベーカリーについては

色々思うところもあるので

また別の機会に書こうと思います。