たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

スイカの不思議

初めて苗から育てたスイカが思った以上の出来で、

気をよくしているぱんだぬきです。

先週収穫したスイカがこちら。

f:id:pandanukichen:20180805220051j:plain

f:id:pandanukichen:20180803093930j:plain

このスイカを収穫するまで、35日、

次のスイカは全く育ちませんでした。

やっと咲いた雌花に受粉しても

3cmほどに子房が膨らむことはあったけれど、

結局はしぼんでしまってがっかりな事ばかりで、

この一個で終わりか、と諦めていたほど。

 

しかし、この大きなスイカを収穫して

子どもの家に一泊して帰ってくると

新しいスイカの赤ちゃんが二つぶら下がっていました。

周囲には雌花もいくつも咲いていました。f:id:pandanukichen:20180806172824j:plain

それから一週間。

二つともスイカらしくなりました。

f:id:pandanukichen:20180811103356j:plain

しかし!!!

しかしです、この二つのあとは大きくなりません。

受粉していたであろう別の子房はしおれてしまいましたし、

この一週間、雌花があまり咲きません。

咲いてもそのまましぼみます。

うえのf:id:pandanukichen:20180811104742j:plain

上の写真と同じ写真ですが

よく見ると三個雌花の咲いた跡があります。

3cm位に大きくなっているものも。

これらはその後、全く育ちませんでした。

一週間たった下の写真では、みつけられません。

 

 

これって、スイカが考えているってことでしょうか?

最初スイカが大きくなっているとき

「よしよし、この調子で種を作っちゃうぞ」

「この実が大きくなるから、もう他の実は要らんぞ、」

と考えていて35日もの間次の実は大きくならなかった。

 

そんなある日、ぱんだぬきがウキウキとスイカを収穫。

イカは思ったはず。

「あれ、大事な実を取られちゃったぞ、これはまずい」と。

それ、その時丁度受粉した二つの実を大きくした。

その後スイカは、新しい二つを大きくすることに専念。

もう次の雌花は咲かせない、

咲いても受粉しても育てない

と決めているかのように、

もう次のスイカは大きくならない。

 

www.pandanuki.com

 

 

www.pandanuki.com

 

イカの不思議、

自然ってホントに良くできています。

 

でも、この二つが35日経ったら

ぱんだぬきは二つとも収穫しちゃうよ。

ごめんね、スイカさん。