たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

ミニ本作ってます

ぱんだぬきが所属する本読みサークルでは

昼休みの読み聞かせに来てくれた子どもたちに

お礼の意味を込めてミニ本を作って配っています。

配り始めてもう7~8年になるでしょうか。

f:id:pandanukichen:20180808173939j:plain

 

まだ読み聞かせが子どもたちに浸透していなかった頃、

何とかして参加者を増やしたくて、

景品を出してはどうか、ということになり、

最初はぬり絵とかしおりとか、そんなものでした。

 

ある時、会員さんんひとりが

「せっかく本の読み聞かせのサークルなのだから

子どもたちに配るものは、

たとえば、花の絵のしおりにはなことばを入れるような、

子どもたちに、何らかの知識を与えられるものがいい」

とう意見を述べてくれました。

 

その時から、ミニ本を作って配るようになりました。

A4のコピー用紙の中央に切り込みを入れて

折りたたんで作った、A7サイズのミニ本は

お話や、図鑑、手遊び歌や創作、

絵本の紹介やクイズ・パズルなど

その内容は多岐に渡ります。

これまでに配ったミニ本は100冊を超えます。

会員が知恵を絞って作って持ち寄っているのです。

 

読み聞かせの度にこのお土産を楽しみに来て

きちんとコレクションしているお子さんもいると聞きます。

印刷するだけでは本にならないので、

読み聞かせの会員が集まって製本作業をします。

これも会員の交流になかなか楽しい時間です。

 

ぱんだぬきも夏休みのうちに、

何冊か、ミニ本の原稿を書かなくちゃと

考えています。

何か楽しいテーマはないか、と

Eテレを見ながら、模索中です。