たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

蔵の街・・・栃木

こんにちは、ぱんだぬきです。

先日、栃木に行く機会がありました。

栃木県は県庁所在地、餃子の宇都宮と、

修学旅行で行く日光位しか知りませんでした。

栃木県栃木市というのは全くのノーチェックでした。

f:id:pandanukichen:20180831115940j:plain

行ってみたら、

運河沿いの白壁の蔵の街。

なかなか素敵は風情のところで

1時間ほど散策してきました。

f:id:pandanukichen:20180831115756j:plain

ココが出発点。

こんな看板があちこちにあって

道に迷いません。親切です。

f:id:pandanukichen:20180831115847j:plain

運河沿いを歩くと、

遊覧船で舟下り(?)がああり、

船頭さんが船頭歌(?)歌っているのが印象的でした。

 

蔵の街大通りへ出ると

栃木市のアンテナショップや

山本有三記念館、山車会館など

いくつも観光スポットがありました。

f:id:pandanukichen:20180831121603j:plain

駅からもう少し離れたところには

古い家屋がたくさん残っている

保存地区がありました。

f:id:pandanukichen:20180831121956j:plain

f:id:pandanukichen:20180831122219j:plain

そんな街の中で、丁度改修作業中の家がありました。

煙突からお風呂屋さんだったのかな、と思われました。

古い柱や木組み、白壁をなるべく残し

基礎を直しているのでしょうか、

家全体が持ち上がって、

コンクリートの地面、鉄骨の上に乗っています。

 

こうして、色々な技術を使って保存しているんですね。

家を残すためには技術も保存しなければいけません。

こういう保存改修技術が

受け継がれていくといいなと思いました。