たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

夫さん、フランスパンに挑戦

こんにちは、ぱんだぬきです。

先日は、初めてぶーのすけパンを作って、

少々不満の残った夫さん、

 

今度はもっとフランスパンらしいのが良いということで、

ホームベーカリーで、生地をこねてフランスパンを焼きました。

内層がフランスパンらしい気泡ができるように

発酵の時間を短縮させても、いい香りがするように、と

少し、フランスパンの残り生地(発酵種)を足して、

作ってみました。

f:id:pandanukichen:20180907174201j:plain

夏にホームベーカリーで生地をこねると

どうしても生地の温度が上がりすぎるし

その上、発酵種が入っているので

生地が軟らかく、慣れない人には扱いにくかったようです。

ポットから生地を出しても。分割しても、成形しても

どんどん手に生地が付いてしまうようです。

 

二次発酵もちょっと温度が高く過発酵気味になり

初めてのクープなので、手にも力が入って

生地がつぶれてしまいました。

発酵種の効果でそれなりに膨らみ、

気泡のあるフランスパンになりました。

f:id:pandanukichen:20180907174345j:plain

夫さん、二回目のパン作り、

まあまあの手ごたえだったようです。

 

ぱんだぬきの次回への課題は

生地の扱いに手が慣れるようにすること、

クープを何とかすること(これは難しいかも!)

発酵力が高く、コシのある生地を用意すること、

となりました。

 

来客の予定まで、あと数日。

あと一回はガッツリ作ってもらわないと、

お客様にお出しできるような、パンにはなりそうにありません。

頑張らねば。