たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

娘の部屋を片付けに・・・

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

今日は娘のいた部屋に行っていました。

娘は就職してから先日結婚するまで

ぱんだぬきの実家に住んでいました。

f:id:pandanukichen:20181111203726j:plain

実家は築60年を超える木造住宅で、

昔ぱんだぬきの使っていた二階の部屋を

使わせてもらっていたのです。

引っ越しでだいたい掃除して行ってくれたのですが

残して行った家電などを引き取りに行きました。

 

ぱんだぬきが住んでいたのも30年近く前のこと。

娘が住み始める前に見に行くと床は歪み、

漆喰の壁は黒く汚れてボロボロ、窓枠も隙間がありガタガタ。

とてもそのままでは住めません。

f:id:pandanukichen:20181111203956j:plain

床の歪みをリフォーム屋さんに直してもっらって、

壁や窓枠、戸や柱を家族で塗りました。

壁は漆喰、柱や戸、窓枠はペンキやマスキングテープで。

柱は紅く、戸は黄色、引出しや窓枠は緑、

娘の好みの色で冒険しました。

f:id:pandanukichen:20181111204030j:plain

60年物の傷だらけの柱もマステでうまれかわってくれました。

室内引き戸のレトロなガラスは窓枠に隙間がありましたが

隙をマステを貼ってがたつきと隙間風を防ぎました。

しっくい塗は難しく、端の塗り残しには目をつぶって。

 

娘が掃除して出て行った後なので

大して片付ける物はありませんでした。

この部屋は次は何に使いましょう。

ベッドや引き出しなど家具が無いと結構広いです。

親戚の集まる時のパーティースペースはどうかしら?

しばらく、何に使うか考える楽しみもできました。