たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

ファーブレトン

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

昨日はファーブレトンというフランス菓子を焼いてみました。

先日、TVのぶらり旅の番組で紹介されていたのが

イチジクのファーブレトンだったので

そんなお菓子もあったな、と。

f:id:pandanukichen:20181121233019j:plain

こんなお菓子です。

私が参考にしたのはオーボンヴュータンの河田勝彦さんの本。

カスタードクリームに近い材料をあらかじめ混ぜて

「クーリー」という生地を作ります。

クレープ生地のような生地です。

 

これをたっぷりバターを塗った型に入れ

プルーンを忍ばせてオーブンでじっくり焼きます。

今回プルーンはアールグレイの紅茶でもどしてみました。

焼き上がりはこんな感じ。

雰囲気は一時期流行った、カヌレの様。

 

弾力のあるおかしのはずですが

型の割にプルーンが大きすぎて

生地の弾力を味わえません。

今回はミニマフィン型を使いましたが

次は型を大きなものにして厚焼きにしようと思います。

 

これらは今日のピアノカフェのお茶請けに。

ランチは丸鶏のポトフとパンの予定。

喜んでもらえるといいな。