たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

ぱんだぬきは神奈川県厚木市でパン教室をしています。パンを焼くスーパーたぬきを目指して日々奮闘中。中でも、自己肯定感を育むこどもパン教室はライフワークです。ここでは、ぱんだぬきの日常のあれこれを飾らず書き綴りたいと思っています。
こどもパン教室のブログはこちら

こどもパン教室@ぱんだぬき

ぜひ見に来てくださいね

丸鶏のポトフでピアノカフェ

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

今日はピアノカフェ。

ひとしきりコーヒーとお菓子でおしゃべりをしてからランチです。

 

f:id:pandanukichen:20181121113044j:plain

感謝祭の休日のイメージで

一羽チキンを買いポトフにしました。

頂いた無農薬自家用栽培野菜もたっぷり入れて

大きな土鍋に盛りつけました。

焼き立てのパンと共に。

左の四角いのは、パンのイタリア風オムレツです。

ワイナリーのグレープジュースで乾杯!

楽しいパーティーになりました。

f:id:pandanukichen:20181122174738j:plain

 

丸鶏のポトフ

 

 鶏  一羽(1㎏)

 塩  20g(鶏の2%)

 胡椒  少々

 ローリエ 1枚

 水、日本酒、野菜

1.鶏に塩胡椒を擦りこみ、2~3日冷蔵庫で保存する。

2.鶏をさっと水で洗い、大鍋に入れる。

3.ひたひたの水と1/2カップの酒とローリエを入れて火にかける。

4.煮立ってきたらあくをすくい、弱火にする。

5.野菜の皮をむき大降りに切る。

6.鍋いやさを投入し、コトコト煮る。

 

小さな鶏はすぐにホロホロに煮えます。

コンソメや塩を足さないで、まず食べてみてください。

鍋の大きさや野菜の量によって味が薄ければ

塩やコンソメを足して構いません。

鶏の形があるうちに、鶏は鶏として皿に盛り、

野菜とスープをボウルによそって食べるのもよし、 

鶏が煮崩れるほどに煮てシチューとして食べても美味しいです。

残れば骨を取り出して、ホワイトソースを足して

クリームシチューに。

 

昔、公民館で料理教室をしていた時には

もっと大きな2キロほどのチキンで

炊き出しに使う大鍋を使って作って食べました。

今日は塩漬け鶏の塩味だけで充分でした。

入れた野菜は大根、カブ、ニンジン、

ジャガイモ、玉ねぎ、セロリ、パセリです。

 

昨日作っておいたファーブレトンも好評でした。

よかった!

f:id:pandanukichen:20181121233019j:plain

今日のピアノカフェは7人。

楽譜を持ってきて弾いてくださった方もいて、

ベートーベンを聴かせてくださいました。

ピアノが鳴るのはとてもうれしいです。

ランチはピアノ発表会のDVDをBGMにして。

楽しく美味しいひと時を過ごすことが出来ました。

 

ありがとうございました。