たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

発表会前の調律

こんにちは、ぱんだぬきです。

f:id:pandanukichen:20181007105012j:plain

先日、師走の気忙しい時に電話が鳴りました。

ヤマハピアノです」

そうでした、調律の時期でした。

今日の午後、教室の前に来てもらいました。

 

今年は二年に一度の発表会があります。

いつも年末の発表会。前回も前々回も。

そんなわけで発表会前に調律してもらいたくて

12月に頼んていたのでした。

ちょっと忘れていました。

 

調律の間、ぱんだぬきは教室の準備です。

午前中に焼いたスポンジにデコレーションをして、

テーブルを整えて材料を計って。

作業しながらピアノの音が少し聞こえます。

 

「随分狂ってましたねぇ」

「ありがとうございました」

もう40年来ぱんだぬきが子どものころからの

付き合いの長い調律師さんです。

弾き心地に注文を言ったり

調律のあとに試し弾きをしたり、

そういうことは出来ないでいます。

耳にも腕にも自信がないし。

 

 

調律師さんは最後にいつも同じメロディーを弾きます。

いつも同じものを弾くことで

出来栄えを確かめているんだろうなあと思います。

40年以上、調律の度に聴いている

物悲しい懐かしい、メロディー。

曲名はわかりません。

 

夜になって弾いてみると

スッキリ爽やかな音色になったような気がしました。

和音がきれいに響きます。

やっぱり狂ってたんだな、とここで分かります。

発表会まで2週間、楽しく練習できそうです。