たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

暖冬にどか雪

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

クリスマスが過ぎて、年末の大掃除。

今日はカーテンを洗い、窓を拭いて、

年賀状を今頃作成しています。

合間にお年賀やお茶を買いに街へ行って

お昼ご飯は外食してきました。

 

コートを一枚羽織れば寒くありません。

寒さ厳しい地方の方には申し訳ないくらい

厚木は暖かい日が続いています。

 

暖かい冬にはドカ雪が降りやすい・・・

5年くらい前の大雪を思い出しました。

あの年も比較的暖冬でした。

下の子が高校一年、まん中の子が大学一年だったでしょうか。

f:id:pandanukichen:20181226165349j:plain

見たことのない大雪で、

あちこちでガレージの屋根が落ちたり

雨どいが曲がったり、

雪かきで腰が痛かったり、雪の捨て場に困ったり。

 

大人はみんな困り顔でしたが

そんな雪でもぱんだぬきは楽しかったのを思い出します。

1時間ごとに外へ出て雪かきをし、

雪が収まれば近所の雪の様子を見に散歩に行きました。

 

 

雪の翌朝には近所総出で雪かきしました。

子どもが小さかったころには、

みんなで雪かきしたらお雑煮を一緒に食べたりしたな、

雪の上にパタン!と倒れてみるなんて雪国の様な遊びあったな、

と楽しいことを思い出しながら。

 

車を掘り出し、道の雪をかいて

家の前には大きな雪山が出来ました。

高校生と大学生の子ども二人は

家の前に積もった雪でかまくらを作りました。

 

 

高校生と大学生のコンビは子どもの頃とは違って

かまくらも立派なものです。

大人も二人中に入れます。

近所の小学生と幼稚園の姉妹を呼んできて

中に入ってもらって、お菓子を食べてもらいました。

お母さんも一緒に入ってみてくれました。

子どもたちはとっても喜んでくれました。f:id:pandanukichen:20181226164441j:plain

楽しかった雪の思い出です。