たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

ペリカンのパン、成功かな?

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

ペリカンの食パンのような、

甘くどっしりして、生地の引きが弱く歯切れ良い、

そんな食パンを目指して作ってみています。

正角一斤(1,400ml)の小さい型の角食パンです。

 

今日もまた、備忘録的なレポートです。

 

二回、失敗したのでいくつかの資料を持ち出して、

ちょっと工夫を考えました。

でも、やっぱり、焼いてみなくちゃわからない。

と、いうことで3回目の挑戦です。

 

備忘録的な最初の試作レポートはこちら 

www.pandanuki.com

  3回目の配合は、

 

強力粉(イーグル)  130g

薄力粉(フラワー)  120g

砂糖          20g(大さじ2)

塩            4g(小さじ2/3)

イースト         5g

バター          6g

水(冷蔵庫保存)      170g

 

グルテンの力を抑えるために

半量を薄力粉に変えました。

 

薄力粉は吸水が少ないはずで

強力粉だけで作った時より大さじ1減らしました。

 

ベーカリーの発酵温度が高いようなので冷水を使い、

イーストの量もほぼ2/3に減らしました。

 

生地が出来上がるまで55分。

ホームベーカリーのメロンパンコースをそのまま使います。

 

 

一次発酵が終わりガス抜きをしてから

ホームベーカリーが作業せよと合図します。

生地を取り出し、丸め直してベンチタイムを取りました。

15分ほどでもう一度合図が鳴るので

生地の成形をして、正角の一斤型に入れます。

 

ホームベーカリーに発酵と焼成をまかせました。

二次発酵後は型の8割より少し高いくらいの大きさでした。

 

f:id:pandanukichen:20190130223630j:plain

 

焼き上がりです。

ちょうどよい焼き色とホワイトライン。

外観は合格です。

 

 

薄力粉を入れたので心配していましたが

冷めても腰折れはありません。

やっと成功かな。

 

一回目

 

f:id:pandanukichen:20190128230603j:plain

二回目

f:id:pandanukichen:20190128231910j:plain

三度目の正直?

f:id:pandanukichen:20190130223630j:plain

焼き立てを切ってみたい衝動がありますが

朝になるのを待ちます。

 

また報告しますね。