たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

春の庭仕事、種まき

こんにちは、ぱんだぬきです。

f:id:pandanukichen:20190312225024j:plain

今日は春本番の暖かさでした。

週末から少しずつ草むしりをして、

庭の土をちょっとほぐしました。

 

耕す、というほどの作業ではなく、

ちょっとほぐしただけです。(笑)

取り残した蕗の薹が咲いていたり、

蕪も薹が立って花芽が付いていたり、

 

年末に大根を埋めて保存していたあたりに

台所で芽が出てきてしまったじゃがいも、

インカの目覚めを植え付けました。

分葱は食べる分だけ取り分けて、

残りは株分けして、

リビングから近いところに植え直しました。

 

昨年里芋を掘ったあたりに鷹の爪、

じゃがいもがあったあたりにはパクチー

紫蘇が茂っていたあたりには

バジルとセロリの種をまきました。

 

小さな種から芽が出てくるまでは

気温や湿り具合に寄るのでしょうが、

結構な日数が必要です。

 

毎日マメに水やりをする、というのが

どうもぱんだぬきは苦手です。

 

うっかりして、何処に蒔いたか忘れてしまったり、

折角出てきた芽を見落としてしまったり。

秋きに何かを植えた上に蒔いてしまったり

逆に、上から別の物を植えてしまったり。

昨年のこぼれ種がどこに潜んでいるかもよくわかりません。

いい加減この上ない庭の管理です。

 

それでも、その環境にめげず、

頑張って出てきた勇者だけが

いつか収穫の日を迎えて食卓に上ります。

 

 

たとえば、こんなふうに。

f:id:pandanukichen:20190311204341j:plainf:id:pandanukichen:20190226223934j:plain

分葱とホタルイカのぬたと蕗の薹の天ぷら

 

持続可能な庭の畑。

夫さんと二人の食卓には

結構充分な量の収穫。

 

これから楽しい季節になります。

うきうきします。