たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

レンジでいちご大福のレシピ

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

ここ、厚木は今日は暖かな日差しでしたが

風が強く、咲き始めた桜にはちょっとした試練かも。。。。

 

さて、前回ご紹介したいちご大福のレシピです。

 

www.pandanuki.com

 

 

子どもが幼稚園に入ったころ、

お料理上手のお友達から教わったレシピ。

白玉粉と砂糖と水をレンジで加熱しぎゅうひ(求肥)を作り、

いちご大福に仕立てます。

(写真は半量で少し大きめのいちご4個で作っています)

 

いちご大福 小さめいちご10個分

材料  

   ぎゅうひ 白玉粉   90g

        砂糖    20g

        水     150g

   こしあん       200g

   イチゴ       10個

   片栗粉        適宜

 

作り方

  1. イチゴは水洗いしてへたを取り、水分を拭き取る。
  2. こしあんは20gずつに分ける。
  3. イチゴをこしあんで包んでおく。(写真は白餡2こしあん2です)

    f:id:pandanukichen:20190327220935j:plain

  4. 深めの耐熱ボウルに白玉粉と砂糖と水を入れて箸で混ぜる。
  5. ふんわりラップをかけて600Wで2分。
  6. 生地が膨らんで来たら止めとりだし、箸でよく混ぜる。
  7. もう一度ふんわりラップをして、更に二分レンジにかける
  8. もう一度膨らんで吹いてきたら止めて、さらに練り混ぜ求肥を作る。
  9. 茶こしで片栗粉をふりかけた台に取り出す。
  10. 上からも片栗粉を振って、10等分する。

    f:id:pandanukichen:20190327222522j:plain

  11. 餡玉のイチゴの頭側に求肥をかぶせるように乗せる。
  12. 逆さにして生地の端をっ張るようにして包む。

f:id:pandanukichen:20190327222135j:plainf:id:pandanukichen:20190327222351j:plain

できあがりです。

f:id:pandanukichen:20190326211920j:plain

 

いちご大福には、赤くて丸いちいさい苺が作りやすいです。

求肥が冷めて乾いてしまう前に包む作業をするのに

少々慣れが必要かもしれません。

片栗粉を振りながら作るのがスムーズに包むコツのようです。

今回使ったあまおうは少し大きめでしたので、

餡も30gと大きめにしました。

 

また、いちご大福はもちろん美味しいですが、

バナナやキウイも餡子に合う果物です。

イチゴくらいの大きさにカットして

バナナ大福やキウイ大福も結構イケます。