たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

暇だと楽だけど 忙しいと楽しい

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

今日は午前中におとなのパン教室、

夕方はこどものパン教室の日でした。

 

朝の家事をこなして

掃除して、

材料を準備して、

おとなのパン教室をしました。

月に一回、いつもの仲間です。

楽しいおしゃべりとパン作り。

「先生、今度教室でない時に、ランチ行きましょう」

と誘ってくれます。

嬉しいお誘いです。

 

教室を終えて、

お昼ご飯を作って夫さんと食べて

ちょっとひとやすみ。  

 

それから、

簡単に掃除して

3時半までピアノの練習をして(明日はレッスン!)

 

洗濯物を取り込んで、

アイロンかけをしながら

教室の用意はもう少ししたら・・・・と考えていると、

 

外でにぎやかな声がしてきました。

 

ぴんぽーん!

「こんにちは~!」

6年生の2人組です。

自転車で学校が終わってすぐやってきたのでしょう。

またパン教室開始まで40分もあります。

「まだ早いよ、」

「え~、はやくないです」

「4時半からだよ、時間解ってる?」

「4時前」(3時50分です)

「まだ先生準備できてないよ」

「じゃあちょっと遊んでから来ます」

 

と言う会話がなされて、

アイロンかけに戻りました。

ブラウスのアイロンを一枚かけたところで、また

「ぴんぽ~ん!」

4時5分です。

 

「神社まで行ってお参りしてきたけど飽きちゃった。」

「しょうがないなあ、みんな揃うまで始まらないよ」

と中に招き入れました。

 

「これから計量だよ」

「お手伝いしま~す」

かわいいこと言ってくれます。

 

 

20分ほど、おしゃべりしながら

他の生徒さんを迎え入れたり

教室の準備をして、

やっとパン教室。

6時に教室が終わるころには雨。

それでも元気に帰って行きました。

 

午前の教室と夕方の教室が両方ある日は忙しいです。

そんな日に早く来ちゃう子がいると、

とっても忙しくなります。

(30分も早く来るのは控えてほしいけど・・)

 

でも、

40分でも早く来ちゃおう、

そう思ってもらえるパン教室であるって、

嬉しいし、誇らしいです。

余分なおしゃべりができると

生徒さんとの距離が縮まって楽しいです。

 

教室のない暇な日もあって、

そんな日はTV見たり、

余計なお菓子とコーヒーの時間などあったり、

ダラダラと過ごしてしまい、

それはそれで楽ちんでいいのです。

でも、そんな日は満足感には欠けるのです。

 

でも、今日みたいに忙しい日は

楽しいのですよね。

満足感があると言うのでしょうか。

 

「楽」なのと「楽しい」のは全然違うなと思います。

「楽」ばかり求めず、

「楽しい」を見出して暮らしたいものです。