たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

あんかけきつねうどん

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

肌寒い一日です。

夫さんはなんとなく体調が悪そう。

寝冷えでしょうか。

f:id:pandanukichen:20190707182820j:plain

きのう、BSTVでうどんを取り上げていて

香川県だったか、うどんは薬、と言いながら

卵とじのあんかけうどんに擦り生姜をたっぷりのせて

熱々をふうふう食べているところが映りました。

 

そう言えば、就職してすぐのころ、

同期の友人と京都へ旅行に行った時、

甘く煮た刻みきつねあんかけうどんにたっぷりの擦り生姜が

おいしかったのも思い出しました。

刻んだ油揚げのうどんでしたが、たぬきと呼んでいたような、

あやふやな記憶です。

 

最近は冷凍うどんもコシが強く美味しくなり、

昔のような茹でたうどん玉を買わなくなり、

やわらかく煮て病気の時に食べるようなうどん、

随分食べていないなあ、と思います。

 

そこで、今日のお昼はあんかけきつねうどんです。

京都で食べたうどんの記憶から。

美味しくできました。

 

レシピを書いてみます。

  1. 油揚げ一枚は熱湯で油抜きをする。
  2. 縦半分に切ってから8㎜ほどの短冊に切る。
  3. 油揚げを湯1/2カップ、砂糖大さじ1、醤油小さじ2で煮る。
  4. 煮汁がなくなったら丼に油揚げをあげる。
  5. 同じ鍋に丼一杯の湯と粉末出汁小さじ1を入れうどんを入れて軟らかく煮る。
  6. うどんが煮えたら、油揚げを戻してみりんとしょうゆで味を調える。
  7. 丼にうどんを盛る。
  8. 煮汁に九条ネギを入れて煮立てる。
  9. 片栗粉小さじ1を水溶きして加えとろみをつける。
  10. うどんに餡をかけて、おろしショウガを乗せる。

 

今日はうどん一玉を二人で食べました。

九条ネギは庭から収穫しました。

斜めに切っていないので、ニラみたいですね。

ちょっと残念。