たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

子どもの友達は私の宝

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

日曜日に帰ってきた学生の次男。

小学校からの友達とバーベキューに

出掛けて行きました。

 

丹沢のキャンプ場か何かに泊まってくるようです。

昨年秋にも泊まって遊びに行った仲間です。

 昨年もブログに書いたので、確認できました。

(いや、ブログってすごい記録です)


高校を出て直ぐ就職した子や

専門学校を出て就職した子、

4年生で就職の決まっている子もいれば

大学生も浪人だったり、進学だったりで

まだまだ学生が続く子もいます。

 

そんなそれぞれの道を行く子たちがみんなそろって

うちの子を迎えに来てくれました。

実はうちの子は時間を間違えていて、

集合にまにあわなかったから、なんですが。

 

f:id:pandanukichen:20190807185325j:plain

私も、持って行ってもらおうと

パンとクッキーを焼いていたのですが

ちょっとその時間に間に合わず。

それを聞いて、パンの焼ける時間に合わせ

先に買い物してまた寄ってくれたのでした。

「パンもお菓子も買えるし、そんなの要らない」

等とはだれも言わず、貰いに来てくれました。

 

全員車から降りて、

「こんにちは!お久しぶりです!」と

元気にあいさつしてくれます。

昨年もそうでした、降りてきてくれました。

 

冷凍庫のアイスキャンディーを食べてもらって

ちょっとの時間でしたが、話をして

「生きて帰って来てね~~」と送り出しました。

 

f:id:pandanukichen:20190807185210p:plain

翌日、楽しかったけど疲れた~と帰ってきて

こんな写真を見せてくれました。

夏満喫の様子が手に取るようにわかります。

大人になってもこうして楽しくやっているって、

親である私にも嬉しいこと。

 

そう言えば、長男も高校の友達とは

時々会って飲み会をしたり、

初日の出を見に夜行登山(?)をしたり

とてもいい仲間がいて、

結婚式の時には

「ご無沙汰してます」

「あの時は美味しかったです」

などと話しかけてくれました。

高校生の頃、うちで何度か食事をして行ってくれた子たちです。

 

長女は高校の部活や大学のサークル仲間が

何度かかわが家まで足を運んでくれて。

食事もですが、一緒に歌を歌ったり、

楽器を合わせたり、してくれていました。

長女の結婚式の時にも懐かしい子たちが

みんなすっかりきれいなお嬢さんになっていて

とてもうれしかったです。

 

三人の子どもたちはもちろん私の宝物ですが

子どもたちの友達もみんな、私の宝物だなあ、と思います。

出会いに感謝です。