たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

親子ワークショップを考える(冷凍パン生地)  

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

最近、東京でお総菜の販売をしている方と

お友達になりました。

かささぎ食堂さん、と言います。

手作りのおいしいお総菜をごちそうになって、

子ども向けの料理教室などもなさってるとのことで

いろいろお話させていただいたのでした。

f:id:pandanukichen:20190817101234j:plain

そのかささぎ食堂さんから、

冷凍パン生地を作って、

短時間のワークショップをするのはどうだろうか?

とのアイデアをいただきました。

 

親子のワークショップ、楽しそうです。

でも、ぱんだぬきは冷凍生地を使う発想が

これまでありませんでした。

「小学生が粉からこねてパンを作る」ということに

固執していたことを反省しています。

 

そのうえ、冷凍生地というと、

成型後に冷凍して、

解凍、二次発酵後にそのまま焼くもの、

冷凍には急速冷凍が必須、との思い込みがありました。

 

イデアを聞いて、作ってみたくなりました。

 

<冷凍パン生地を試作する>

家にあった有り合わせの素材で、

まずやってみました。

まず、注意点は

  • 冷凍するので生イーストの配合を多めにする
  • リッチなパン生地 卵、砂糖、油脂多め
  • 生地がだれることを予想して水分は少なめ
  • 一次発酵を終えて冷凍すると解凍中に過発酵になるかも
  • 解凍後に初心者が扱いやすいこと
  • 分割から焼成までに40分でできること

これを目標にして、リッチなパンを

フードプロセッサーで捏ねました。

 

まとめて容器に入れて20分室温で発酵させました。

その後ガス抜きしてチャック付きビニール袋入れて、

上から押して平らにならし、冷凍室へ。

f:id:pandanukichen:20190817101321j:plain

<室温で解凍する>

前夜、凍らせた生地を冷凍庫から取り出します。

f:id:pandanukichen:20190817101401j:plain

2時間、室温(真夏なので朝から30度)放置で解凍。

f:id:pandanukichen:20190817101426j:plain

案の定、倍くらいに膨らんでいます。

 

<分割成型>

ビニール袋の横を割いて、生地を取り出します。

f:id:pandanukichen:20190817101448j:plain

このビニールが作業マットになります。

適当に分割して、並べます。

f:id:pandanukichen:20190817101523j:plain

 

具材を中心において、包んでいきます。

水っぽくない、油っぽくないものが

包みやすいです。

あり合わせをなんでも包みます。

f:id:pandanukichen:20190817101612j:plain

この段階でも生地はひんやり冷たいです。

小さな肉まんがたくさん並んだようです。

f:id:pandanukichen:20190817101506j:plain

<仕上げ、焼成

中身を包んで丸くなった生地を

クッキングペーパーの四隅をねじって作った簡易型に

間をあけずにどんどん並べます。

f:id:pandanukichen:20190817101741j:plain

卵をぬって、

デコ材料は何ももっていないので

ハサミで口を開け、

インスタントコーヒーを少量の湯で溶いて

目をつけてみました。

f:id:pandanukichen:20190817101812j:plain

ちょっと変な顔ですが

にこちゃんがたくさん並んだ風になりました。

ヒヨコのくちばしにしたかったんだけどな。

f:id:pandanukichen:20190817101829j:plain

ここでふつうは二次発酵ですが、

嘴をつけたり、目をつけたりという作業に時間がかかるし、

子どもの手は温かいのでどんどん発酵が進むので

あえて二次発酵は取りません。

 

オーブンで焼くこと18分ほど。

顔たちは一回り膨らんで窮屈そうでかわいいです。

インスタ映えとは対極の仕上がりですが

短時間でパンになりました。

f:id:pandanukichen:20190817101256j:plain

 

生地の表面の目が粗いのは、

分割後のガス抜き丸めを省略したから。

丸目をしてから成型すればもっときれいに仕上がります。

 

幼児向けの親子教室、

楽しそうだな、と思います。