たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

クリスマスが今年もやってくる

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

例年より暖かな冬でうっかりしているうちに

気がつけば12月も半ばです。

 

そう、クリスマスが今年もやってきます。

f:id:pandanukichen:20191215102207j:plain

竹内まりやさんの声が聞こえてくると、

ケンタッキーを思い出し、

慌ててシュトーレンを焼き始め、

ヤマザキパンのケーキCMの第一のノエルで

そうだ、製菓のピアノ曲の練習をしようと思い、

外出するとクリスマスツリーを探し、

クリスマスの食卓を飾る生ハムやオリーブなど

保存性の良い食材を少しずつ買い集めます。

 

昨年から、

子どもたちはそれぞれの家族や友人と

クリスマスの夜を過ごすようになり、

我が家は夫さんと二人だけとなりました。

たくさんの食材はいらないし、

プレゼントもありません。

 

リースやツリーもだんだん出てこなくなりました。

クリスマスらしいのは

子どもパン教室のおやつのケーキと

今年の秋に台風リンゴで作ったポマンダーくらい。

f:id:pandanukichen:20191005090356j:plain

作った時こんなだったポマンダーは

80日たってこんな感じで健在です。

リンゴがしぼんでクローブが密になりました。

 

f:id:pandanukichen:20191215104035j:plain

子どもが小さかった頃、

ぱんだぬきはクリスマスが大好きでした。

秋になるとクリスマスの曲集の楽譜を買い

その年のクリスマスツリーの演出を考えました。

 

子どもが幼稚園に通うようになると

10人ほどのお友達を呼んで

クリスマス会もしました。

 

子どもパン教室を始めたころは

大きなケーキを焼いて

子どもたちには出し物もしてもらって

ぱんだぬきが伴奏をして歌も歌って。

お土産のプレゼントも用意して

みんなでクリスマス会をしました。

 

ぱんだぬき家では

家族全員にサンタさんからのプレゼントを持ってきました。

欲しいものをサンタさんにもらう習慣はありませんでした。

サンタさんはその子に一番ふさわしいと思うものを

イブの晩に持ってくるのです。

たくさんのお菓子と一緒に。

 

 

イブの晩には大きな鶏を一羽焼きました。

ケーキも作りました。

 

秋からずっと準備して

ワイワイにぎやかなクリスマス。

楽しかったなあ。

若かったなあ。

・・・しみじみ