たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

朝のコーヒーとオムレツサンド

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

昨日の朝ご飯です。

オムレツのサンドイッチ。

f:id:pandanukichen:20200117220017j:plain

残っている生クリームが少しあったので

卵二個に塩コショウ、生クリーム少々、

フライパンで四角くオムレツを焼いて

トーストに挟みます。

片側のパンにはマヨネーズを塗り、

もう片側にはケチャップを塗ってみました。

 

ふんわりやわらかなオムレツ。

ゆで卵のマヨネーズ和えとは違った、

優しい味のサンドイッチです。

 

飲み物はコーヒー。

ぱんだぬきは長らく紅茶派で、

コーヒーはゴールドブレンド一筋だったのですが

夫さんが退職して朝のコーヒーを

淹れてくれるようになって

コーヒーの味もわかるようになってきました。

 

そして、

コーヒーは最近セミナーに行って

色々教わってきて、

自分でも、淹れられるようになって、

うんちくも増えました。

なかなか面白いです。

 

この日のコーヒーは

先日行った代々木上原の堀口コーヒーで買ってきた、

No.7のブレンドコーヒーです。

深入りのフレンチロースト、

お店の人に聞いたら、

90℃を超えた温度で淹れて下いって。

セミナーでは82℃~84℃がおススメだったので

お店によって流派があるんだな、

と理解しました。

 

淹れ方によって味も変わりますが、

お店のおすすめの高めの温度で淹れたコーヒーは

苦みもコクもありかすかな酸味もあり、

それでいてすっきりした味でした。

 

このランクのコーヒーだと、

豆にかけや割れはほとんどなく、

淹れたコーヒーの雑味もないです。

 

普段スーパーで買う

大袋のコーヒーとは一味違います。

 

大袋のコーヒーは

その値段に見合って

大雑把に作られているようで

割れたりかけたりした豆が混ざっています。

 

最近、夫さんはこうやって

豆を選別してから挽くようになりました。

f:id:pandanukichen:20200117222648j:plain

スーパーのコーヒーも

この作業によって雑味が格段に減って

一歩ブランドコーヒーに近づきます。

 

 

 

お題「コーヒー」