たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

餅は餅屋

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

直前になって血液検査の結果が悪く

延期になっていた母の手術が

今日無事行われました。

 

折れた大腿骨をそのままに、

一週間近く、痛がったり、帰りたがったり、

看護師さんを困らせたに違いないし、

今日もまた延期になって、

手術できなかったらどうしよう、と

さんざん気をもみました。

 

しかし、餅は餅屋。けが人には病院。

手術は順調に終わり、

先生からは、

「骨は予定通りちゃんと固定できました、

あとは傷の感染症に注意することで

施設も看護師さん常駐なら

一週間ほどで退院できます」

ぱんだぬきの心配をよそに、

着々と事は進んでおりました。

 

今夜あたり、

傷が痛んで騒ぐかもしれませんが

「痛み止めも入れますし、大丈夫ですよ」

と言ってくれた看護師さんにお任せです。

 

無事手術が終わりほっとしまして、

ちょっと遠いけれど、電車に乗って

お気に入りのカフェまで行って

ホットドッグを食べました。

f:id:pandanukichen:20200225225637j:plain

カフェ、パン屋さん、レストラン、

和食やさん、ギャラリーを併設した

日本酒の蔵元。

素敵なところです。

 

カフェで、ゆったりして、

少し仕事を片付けて、

いつものスーパーで買い物をして家に戻ります。

 

ふとレジで振り返ると浪花屋の柿の種。

ぱんだぬき家では柿の種は

新潟、浪花屋と決まっています。

昔懐かしい絵柄です。

昔からこの柄で、丸い蓋の四角い缶を思い出す人も多いのでは?

f:id:pandanukichen:20200225230035j:plain

 

この柿の種、歯切れがよく、

きりっとしたしょうゆ味で美味しいのです。

柿の種だけで、柿ピーではないのもよいところ。

それに合わせるバタピーはでん六のアルミ蒸着パック。

餅は餅屋、柿の種は柿の種屋、豆は豆屋。

 

これを合わせて食べるようにしたら、

あられ屋さんの作った柿ピーも

豆屋さんの作ったぴー柿も、

ちょっと違うなと思うようになっていました。

 

難点は浪花屋の柿の種は

売っているスーパーが少ないこと。

いつものスーパーで見かけるのは数年ぶりです。

 

母の手術が成功して、

素敵なカフェに行かれて

美味しい柿ピーが調達できて。

いい一日でした。