たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

温かい前菜

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

昨日は冷たい前菜をご紹介したので、

今日は暖かい前菜を。

うっかり食べ始めてからの写真ですみません。

f:id:pandanukichen:20200229165019j:plain


左から

 

①今年初めて買ったそら豆と

じゃがいもと長ネギをグラタンにしました。

じゃがいもと上州葱をバターで炒め

少しの牛乳で煮てそら豆を加えます。

f:id:pandanukichen:20200229145836j:plain

グラタン皿に入れて粉チーズとパン粉を振って

冷前菜を食べている間にトースターで焼きます。

ポロ葱に似た上州葱とじゃがいもで

ビシソワーズのような味になるかな、と。

スープとはちょっと違いましたが美味しかったです。

 

②真ん中はあん肝とマッシュルームのソテー

酒蒸しのあん肝を1㎝くらいの厚さに切って小麦粉をまぶし

マッシュルームと一緒にオリーブオイルでソテー。

ソースは市販のバルサミコクリームと

大阪で買ってきた、神宗の塩昆布の煮汁を合わせ、

トリュフオイルをちょっとかけました。

ソテーのあん肝はフォアグラのイメージです。

ちょっと甘めの、醤油っぽいソースがよく合いました。

 

③右はフジッリのナッツソース。

ナッツとオリーブ、ニンニクオリーブオイル漬けと

茹でたフジッリ、バジルソースと粉チーズ。

f:id:pandanukichen:20200229150121j:plain

こちらは直前にちょっとチン!

もう少しバジルと唐辛子が多いほうがよかったな。

パンチェッタとパセリを足したら、もっと美味しかったな。

茹でて時間が立っちゃったのも残念だった。

 

ホームパーティーで温かい料理を

良いタイミングで出して

自分も座って一緒に食べるのは

中々ハードルが高いです。

 

下準備までしておけるものか、

保温しやすいものを用意するのが鉄則です。

グラタン皿などにつくって

80~100℃のオーブンに入れておく。

アルミホイルで覆うなどして

乾燥には注意しないといけません。

 

 

これなんだろう?

と思ってもらえる調味料を使うと、

話題にもなって楽しいです。

ただ、珍しいものは苦手なこともありますから、

それぞれをたくさん出さないのも

コツの一つだと思います。