たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

今日はタケノコ

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

お家にいよう。

はい、お家にいます。

 

自粛要請でも会社勤めをしなければならない人が

土日お買い物に来るでしょうから、

スーパーに行くのは平日。

 

ということで

 

昨日、金曜日にはは一番近くのスーパーへ

買い出しに行きました。

 

ぱんだぬき家にとっては

スーパーに行くのは半ばレジャーなので

ちょっと罪悪感がありますが

でも、まだ生鮮食料品を買わないで

あるものだけで食いつなぐ必要もなさそうなので

週末の買い出しという感じです。

 

いつもは毎日のようにスーパーに行って

ちょこちょこと買い物するので

まとめ買いが難しいです。

ホウボウをゲットし、

野菜類や果物、豚肉も少し、麺類も少し。

そうそう、卵。

ぱんだぬきは卵が無くなると不安になります。

 

調味料は大丈夫かな。

洗剤類など日用品は…と 

結構な荷物になってしまいました。

パスタはまだ家に残っているけれど、

いつものブランドがちょっと安かったので

ストックとして一袋買いました。

 

「これは買い占めではないよね」と

夫さんに確認しながらの買い物。

なんかちょっと変ですね。

いつもよりたくさん買ったような気がします。

 

買い占めではなく、

毎日いる物だけではなく、

ちょっと備蓄の品。

そして、土日には買い物に行かない。

4月はそういう風に過ごそうと思います。

 

で、レジャーなしの本日。

「ピンポ~ン」とチャイムが鳴って

ご近所の古くからのお友達が

「今朝掘ったので」と

タケノコをくださいました。

 

f:id:pandanukichen:20200411160038j:plain

気の利いたことにぬかまでつけてくださって。

すぐに下茹でしたことは言うまでもありません。

残念ながら玄関先で受け渡し、さっとお別れ。

それにしても、ありがたいなあ。 

 

 

人との接触

コロナ前よりだいぶ少なくなっていますが

買い物に行く回数を三~四日に一回にして

さらに減らせていると思います。

 

だからこそこうして

近所にお友達がいることが

余計ありがたく感じます。

 

今年は

向かいに新しい家が六軒建って

小さな子のいる家族が越してきました。

うちの中にいても子どもの声が聞こえて、

嬉しくなります。

 

読み聞かせやパン教室で利用している、

たくさんの絵本や児童書を

玄関に置いて「げんかんぶんこ」にしたら

来てくれるかな?

 

嫌まだ難しいかな。

残念ながらまだそのご家族とは

まだ「こんにちは」だけの仲です。

ソーシャルディスタンスを取っているので

お互いに慣れるまで、しばらくかかりそう。

 

早くコロナが収束して

みんなと仲良くなれますように。