たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

ホームベーカリーでペリカン風角食パン

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

昨年、ホームベーカリーで

小さな角食パンを焼くのに凝っていたことがありました。

 

ホームベーカリー「だけ」で「オーブンなし」で焼きます。

そこのところが、ぱんだぬきの工夫です。

 

いつもの食パンのミニバージョンとか

下町の名店ペリカンのパンに似せて、とか

高級生食パン風とかです。

 

小さめの食パンでは物足らない、と

夫さんが言うので作らなくなり

しばらく忘れていました。

 

そこで、今日はペリカン風を

自分の備忘録を参考にして焼きました。

いつもの強力粉が手に入らなくなり

初めての粉の組み合わせです。

 

オーブンなしで角食パン

ホームベーカリーで焼く

  ちょっとペリカン風の角食パン

 

 正角一斤型 1400ml 一個 

 パナソニックホームベーカリー ソフトモード使用

          (これは一番かっこよく焼けた時の写真です)

f:id:pandanukichen:20190812231235j:plain

 

<材料>

 

強力粉(スーパーカメリア)  130g

薄力粉(バイオレット)    120g

砂糖            18g(大さじ2)

塩              4g(小さじ2/3)

インスタントドライイースト  2g(小さじ2/3)

バター            6g

水(氷水 2℃)       170g

   (今回170gでは生地が柔らかすぎ、160gのほうがよいかも)

 

ソフトパンモードを使うのでドライイーストを使用。

室温が28℃と高いので、水は冷水を使用しました。

 

作り方

  1. イースト以外の材料をポットにセットし

    f:id:pandanukichen:20200511164459j:plain


    ドライイーストイースト入れにセット、ソフトコースをスタート。

    f:id:pandanukichen:20200511164425j:plain

  2. 3時間半にタイマーをセットする。これで焼きあがりの90分前です。
  3. ふた付き正角一斤型の内側にショートニングを薄く塗る 
  4. タイマーが鳴ってから5分くらいで羽が回る音がする。
  5. 生地を取り出しスイッチは切らない、丸めをして15分おく。
  6. 打ち粉をして、麺棒でガスをよく抜いて伸ばし三つ折りにして

    f:id:pandanukichen:20200511191927j:plainf:id:pandanukichen:20200511191941j:plain

  7. くるくると巻いて綴じ、俵成形で型に入れ蓋をする。

    f:id:pandanukichen:20200511192033j:plainf:id:pandanukichen:20200511192134j:plain

     

  8. ベーカリーの底にプリン型を置き、型を入れる。

    f:id:pandanukichen:20190812232156j:plain ポット固定用の爪のところに

  9. f:id:pandanukichen:20190812232218j:plainプリン型をかぶせる。

  10. プリン型の上に型を乗せて、ベーカリーの蓋をする。

    f:id:pandanukichen:20190812232405j:plain

  11. 焼き上がりを待つ。f:id:pandanukichen:20190812232441j:plain
  12. 焼き上がったら、鍋つかみを使って型を取り出し、

  13. 網の上で冷ます。

    f:id:pandanukichen:20200511194349j:plain

     

焼き上がりです

焼き色濃いめにしたのでちょっと強い焼き色です。

初めて使うスーパーカメリアとバイオレットで

いつものヨットとフラワーの組み合わせより

柔らかくべとつく生地で、扱いにくかったです。

それと少々ホワイトラインが大きすぎました。

 

生地の扱いやすさは水を160gにすればよいかと思います。

なにぶん、ホームベーカリーの自動焼きですので、

ホワイトラインが太いのは許すことにしましょう。

 

アルミプリン型をホームベーカリーの底にセットし

その上に正角食パン型を乗せることで

底に穴のない、ホワイトラインのある、

角食パンが焼けました。

 

ホームベーカリーから

ふた付きの四角い型を取り出す

ちょっと不思議な感覚です。

 

パナソニックさんの許可を得た

 ホームベーカリーの使い方ではありませんので

 やってみる場合にはくれぐれも

 自己責任でお願いします。

 ぱんだぬきに責任は負えません、ごめんなさい)

 

 

ホームベーカリーの食パンを美味しくするには

一度生地を取り出して、成形することだと思っています。

格段にキメがそろい、羽穴が小さくなり、いい感じになります。

 

普通の食パンをセットし、

焼き上がり90~100分前にタイマーを掛けて

最終成形の時間で生地を取り出し、

ポットから羽を外して、

俵成形してポットにもどすと

ワンランク上のパンになります。

(最後にもう一度モーターが動く時間に成型終了して戻せるとよい)

 

取り出しのタイミングで忙しくて、

パンの相手が出来なければ、そのまま。

放って置いてもちゃんとパンが焼けますし、

パン生地の相手をする15分があるなら、

羽を外すといいと思います。

 

 一斤型がない場合はこういう焼き方も。

www.pandanuki.com

 

こちらはぱんだぬき家のいつもの食パンのミニサイズ。

 

www.pandanuki.com

 

ホームベーカリーで

高級生食パンに負けない、

生クリーム食パンも焼いています。

生クリームを使えばバターいらずで

ふんわりしっとりきめ細かなパンになります。

 

www.pandanuki.com

 

 

www.pandanuki.com

 

 

www.pandanuki.com