たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

マスクが来た!

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

アベノマスク着きました。

やっぱり、緊急事態解除になってからでしたね。

 

 

何だか、せっかく送られて来たのに、

どうしても意地悪い視点で見てしまう。

ぱんだぬきの性格が悪いから?

権力は立ち向かうべき、と

潜在的に思っているのか?

 

このマスク、みんなが持っているはずなのに、

している人を見たことがありません。

 

これで出かけるのは恥ずかしい、

という気がしてしまう・・・・

 

そして。

一緒についてきた印刷物。

f:id:pandanukichen:20200605214729j:plain

 

 

これ、自粛要請同様、罰則もないけど

この通り生活してくださいって言う、

政府からの要請なんですよね。

疑うより前に

守らないといけないんでしょうね。

 

一歩外へ出たら、

そこはペンキ塗りたての世界と思えって

短い啓発番組も見たけれど、

そうなんだろうか・・・

・・・・・・

この印刷物やその啓発番組、

都会のサラリーマン家庭に向けて

書かれているような印象を受けるが、

日本中津々浦々まで届いている。

感染者ゼロの岩手県でも。

 

本当は自分の行動範囲によっても

周囲の人たちの行動範囲に寄っても

必要な生活様式は少しずつ違うだろう。

 

ここ厚木からでも東京へ行ってみると、

密な感じが全然違うことに気づく。

 

いや、同じ厚木市内でも、

家の周りと駅の周りでは

人の数もそこにいる人の行動半径も

全然違うことに気づく。

 

とりあえず、一番密な東京での指針に

日本中みな合わせましょう、

ということなんだろうな。

 

朝起きて雨戸も開けずに

東京の天気予報を見て、

カサを持って行かなきゃと

思うのと似た感じがする。

 

新コロナと共にある時代になって、

自分で考える事を忘れてしまいそう。

 

共にあるなら、

コロナよりフォースがよかったな。

 

今週のお題「外のことがわからない」