たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

憧れの目玉焼き

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

朝食の定番、トーストと卵です。

夫さんはベーコンエッグを好みますが、

日によって、ゆで卵やオムレツにもなります。

ぱんだぬきはこのところ、ダイエットを始めて、

ちょっと脂質を控え、たんぱく質は取りたいので

なるべくゆで卵を食べるようにしています。

 

でも今日は目玉焼き。

トーストと目玉焼きに茹でたブロッコリー

ヨーグルト、野菜ジュース、コーヒー。

f:id:pandanukichen:20200809121018j:plain

いつもと違うのは目玉焼きに卵が二つということ。

オムレツなら迷わず2個の卵を割るのですが、

ゆで卵なら一度に1個しか食べません。

目玉焼きは・・・やっぱり我が家では1個です。

f:id:pandanukichen:20190203105451j:plain

 

でも、目玉焼きって基本卵二個ではないかな・・・

とずっと思っているのです。

目って二つで一組ですよね。

 

挿絵の目玉焼きだと卵二個のイメージではないでしょうか。

森永のホットケーキが3段なのと一緒なのです。

イメージの目玉焼きは両目。

 

幼いころの家族旅行で泊った、

熱海のホテルの朝食は洋定食で

卵料理を選べました。

オムレツ、目玉焼き、ゆで卵だったと思います。

そこでは目玉焼きもゆで卵も2個ついてきました。

鮮明に覚えています。

 

余談ですが、ぱんだぬきのオムレツのお手本は

今もそのホテルのオムレツです。

絶品でした。

その域に達することは永遠になさそう。

 f:id:pandanukichen:20180506100445j:plain

 

そんなわけで・・・

眼玉二つの目玉焼きに憧れがありました。

いえ、今でもあります。

 

時々夫さんに「両目にする?」と聞きますが

応えは決まって、「そんなに食べないよ」

 

それが、先日買った小玉卵で実現したのが今日の目玉焼き。 

卵が小さくて、割って計ってみると1個37g。

2個で74gですから・・・大きめ卵よりちょっと多いくらい。

これはやるしかありません。

 

f:id:pandanukichen:20200809121018j:plain

で、あこがれの両目の目玉焼き。

美味しくいただきました。

 

 

皆さんのお家はいかがですか?