たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

夫の多趣味に寄り添う

こんにちは、ぱんだぬきです。

今日は夫さんの話 。

 

 

ぱんだぬきの夫さんは定年から二度目の夏を

多趣味で楽しく乗り切っています。

 

会社員だった頃は毎晩10時を過ぎて帰宅し、

しばしば休日出勤もして、

趣味と言えばランニングだったのですが

10年ほど前に大病を患いランニングも控え気味。

 

それが退職たら暇になっちゃうかと思いきや、

趣味が徐々に増えて忙しくなっています。

 

会社員時代から続いているのは革細工。

長男の趣味だったのを見ていてやりたくなったとか。

こんなものを作っています。

f:id:pandanukichen:20200824220643j:plain

ぱんだぬきも、娘も息子も、

みんな同じような雰囲気のバッグを持っている・・・

 

始めのころは縫い目がそろわなかったり、

ちょっとよれていたりしてましたが、

退職してからは教室にも通うようになって、

少しずつ上達しています。

去年は100円玉用財布をたくさん作ってもらって、

お友達にも配ったりしました。

f:id:pandanukichen:20200824222642j:plain

f:id:pandanukichen:20200824222814p:plain

残るものは使ってあげる人がいて

初めて成り立つ趣味でもあります。

売れるところまではそうそう行くものではありませんし。

ぱんだぬきは、こんなのが欲しい、と

リクエストして使ってあげる役目です。

 

でも、夫さんの作りたい形(練習したい部分がある)と

私の求めているデザインとに

多少の乖離があって、なかなか難しい。

作ってもらってもちょっと取っ手が短いとか、

ポケットの大きさが足りないとか、

なかなか、ぴったりとはいかないものです。

どうしても使いやすいものばかり

使うようになっちゃいます。

 

 

 昨年から始めたのが藍染め。

ちょっと前にも記事にしましたが

昨年から庭に藍を育てていて

収穫した葉を乾燥発酵させて

今年の夏から本格的に染めています。

藍だけでなく、ほかの天然染料にも手を出していて

絞り模様のTシャツが増えています。

f:id:pandanukichen:20200806155104j:plain

 

f:id:pandanukichen:20200823181320j:plain

f:id:pandanukichen:20200823181800j:plain

目下、庭の藍の世話と輪ゴムで絞るのは

ぱんだぬきが請け負っています。

 

今年から始まった趣味があと二つ。

 

一つは糠漬け。

これは趣味と言うより家事のルーチンかな?

これまで何度もぬか漬けをリクエストされ、

そのたびに暫く漬けていました。

 

でも急にワイン飲もうと言い出したり、

夫さんが外食になったりで

食べない日が続くと古漬けに。

冬になればかき混ぜるのも冷たいし。

で、今年は自分で世話してね、と

夫さんがぬか漬け係になりました。

毎朝混ぜて、取り出して、入れる。

二階にあるサブの冷蔵庫にしまってもらいます。

キッチンの冷蔵庫にぬか床を入れる余裕はありません。

でも、きゅうりやナスの在庫管理はぱんだぬき。

 

最後の趣味がクラリネット

娘が中学生で吹奏楽部に入っていたころ、

息子にもギターを買って、

ぱんだぬきがキーボードを買ったことがあり、

その時に自分も、とクラリネットを買ったのです。

ちょっとだけ遊んだものの、

クラリネットは音を出すだけでも大変で

あっという間にお蔵入り。

 

それを最近出してきて、

吹くようになりました。

幸い、近所に教えてくださる先生も見つけて、

来年は発表会に出る勢いで

頑張って吹いています。

楽しそうです。

 

もう少し吹けるようになったら

伴奏もしてあげるんだけどな・・・

まだ出番はないです。

 

音色がよくなったねえ、

指が回るようになってきたねえ、と

褒めてあげるのがぱんだぬきの役目です。

 

定年後の多趣味は無趣味の何倍もいいことがわかっているので

なるべく協力してあげたいと思っています。

子どもたちの使っていた部屋を全部使っての多趣味。

それにこの頃はときどきピアノ室まで進出しているけれど。

 

そして心に固く誓っています。

ピアノ室とキッチンの主導権は決して明け渡さないぞ・・・

 

でも、こんなにいろいろ

夫さんの趣味に寄り添っているのだから

感謝してほしいなあ。

わかってるのかなあ。

 

 

 

お題「手作りしました」