たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@ぱんだぬき

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

波刃のナイフを研ぐ・・頂いたコメントに感謝

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

研ぎに出したパン切ナイフは切れ味抜群で

今朝の食パンも、スイっと切れて切り口がきれい。

お刺身もよく切れる柳葉で料理人が切ると美味しいのと同じで

今朝のトーストは心なしか美味しかったです。

f:id:pandanukichen:20201008211223j:plain

 

きれいに切れたので、丁寧にトースト。

このくらいの焼き色にこんがり焼いて

バターが溶け切らないくらいで食べるのが好き。

f:id:pandanukichen:20201008211242j:plain

 

焼く前の断面をアップにしてみると・・・

f:id:pandanukichen:20201008211359j:plain

う~~ん、よくわからないですね。

白いパンの断面の写真を撮るのは

難しいです。

 

このパンを切ったのは一番上のヴィクトリノックスのナイフ。

一昨日のブログで、このナイフを研いでもらったことを書いたら、

いつもコメントくださるNKkame3さんから

いちばん下のスナックナイフのメーカー「ウェンガー」が

ビクトリノックスに吸収されてしまったと教えていただきました。

f:id:pandanukichen:20201006223524j:plain

 

一番下がウェンガーのスナックナイフです。

これは思い出深いナイフで、

子どもたちがサンタさんを信じていたころ、

ぱんだぬき用の靴下に入ってきたサンタナイフなのです。

切れ味が悪くなっても捨てられずにいるのです。

 

 

www.pandanuki.com

 

NKkame3さんもウェンガーのナイフは

製造元で研いでくれると聞いておられて

持ってらっしゃるとのこと。

 

ウェンガーで研いでくれるとも私は知らなかったので、

この二つの情報はブログを書いていなかったら

まったく巡り合えなかった情報です。

NKkame3さん、ありがとうございました。

 

実は今日、夫さんはこのスナックナイフを持って

また浅草橋の砥石・刃物の専門店「森平」へ行っています。

ウェンガーはなくなってしまったけれど、

森平さんではこのスナックナイフも研いでくれるとのことでした。

またあの切れ味が戻ると思うと嬉しい限りです。

 

波刃は研げないと思ってきましたが、

これで買い替え時を考える必要がなくなりました。

二週間後、ナイフが帰ってくるのがとても楽しみです。