たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@うつせみキッチン

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

クリスマスまであとひと月

こんにちは、ぱんだぬきです。

f:id:pandanukichen:20201124231054j:plain

ピンポ~ンと新聞の集金が来ました。

もう25日か・・・

12月まであと5日。

クリスマスまでちょうど1か月です。

 

昔はこのくらいの時期には

子どものいない間に街へ出かけて

プレゼントやクリスマスのごちそうの準備で

楽しい買い物をして歩いていたっけ。

 

アドベントカレンダーは毎年11月中に買って、

廊下や階段に飾って、

子どもたちは毎朝起き抜けに

一粒のチョコレートを食べてよかった。

シュトーレンを焼いたり、

クリスマスケーキを焼いたり。

大きな靴下を用意したり。

キャロルのCDを掛けたり

ピアノの練習をしたり。

 

子どもが大人になってしまって、

サンタさんも来なくなってしまいました。

サンタさんが来ないのじゃあ、

ツリーも靴下もいらないね。。。と

飾りはリースだけになっていました。

 

今年はちょっと飾ってみたら、

ちょっとテンション上がります。

近所に小さな子どもの声がするからかしら。

ことしは

パン教室の休み時間を使って

たくさん絵本を読むようになったし、

リビングの本棚を整理しています。

二階の本棚にも分かれて絵本があるので

教室で読みやすい絵本をまとめてみようかなと。

 

クリスマス関連の絵本はこのあたりでしょうか。

f:id:pandanukichen:20201124231923j:plain

 

高畠純さんの絵本が二冊はお気に入り。

「きょうりゅう一ぴきください」

   クリスマスを前に男の子が

   サンタさんに手紙を書くおはなし。

「プレゼントはなあに」

   クリスマスを前にペンギンがプレゼントを用意する話。

どちらもクリスマスを迎える前の

わくわく感がたまりません。

小学校でも絵本を読むのはクリスマスの前ですからね。

あわてんぼうのサンタクロース♪」と併せて

クリスマス前の楽しいお話です。

 

子どものとも年少版の

「ふしぎなはこ」はクリスマス当日のお話です。

これはペーパーバックで、品切れ中のようですが

「クリスマスのふしぎなはこ」という題名で

一部修正を加えて再出版されています。

 

くりとぐら 「おきゃくさま」

クリスマスのケーキを作ってくれたおじいさんは

いったい誰だったのでしょう…

 

 

「サンタクロースっているんでしょうか」

これは絵本ではありません。

有名なニューヨーク・サン紙の社説の翻訳です。

1897年9月21日、100年以上前の本ですね。

 

サンタさん、どこにいるのかな…

わが家には子どもにも大人にも、

サンタさんはプレゼントを持ってきました。

わがや家はみんないい子でしたからね。

サンタさんが来ていたのは

クリスマスの夜を家族で過ごせていた間だけ。

長男が大1、末っ子が中1の年まででした。

 

子どもたちは我が家にやってくるサンタさんの正体を

詮索するようなことは一度も言いませんでした。

疑いを口にしたとたんに

サンタさんが消えてしまうことを

感じ取っていたのかもしれません。

 

子どもっていいですね。