たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うこと

神奈川県厚木市でパン教室をしています。

こどもパン教室@うつせみキッチン

自己肯定感を育むこどもパン教室がライフワークです。ぱんだぬきの日常のあれこれ、料理、ピアノ、絵本の読み聞かせなどについてを飾らず書き綴りたいと思っています。

コロナ太り 6㎏増!!

こんにちは、ぱんだぬきです。

 

今日は冬らしい寒さで小雨も降って

セーターを着ました。

暖かいです。

 

今年のパン、フォカッチャ生地のパンの試作で

お昼にはクルミパンを作ってみました。

クルミチーズとノット成型のハーフ&ハーフ。

f:id:pandanukichen:20201125145402j:plain

思い立ってから焼き上げまで、

ピッタリ一時間でした。

 

暖房を入れず室温18℃なので、

一時間でどれほどふんわりできるか

成型を入れても膨らむか、

ちょっと心配でしたが、ちゃんとできました。

 

柔らかい生地に均等にクルミを混ぜ込むのが

誰にでもうまく出来るようにするにはどうしたらいいか、

そのあたりが課題ですが、

教室の時間内にぎりぎり出来るパンです。

特に、クリームチーズのほうが簡単で楽しいかな。

 

焼きたてをお昼にむしゃむしゃ。

クルミパンにクリームチーズって美味しいわあ…。

ノット成型のほうも、ちょっと複雑な成型で

沢山ガスを抜いてしまうけれどいい感じの歯ごたえ。

 

寒いのでミルクティーも入れて

先日焼いてカットしてあるシュトーレンも。

うんうん、一週間たつと馴染んでおいしい。

今年はちょっと大きめに切って入れたアンズが効いています。

やっぱりこれは間違いない、むしゃむしゃ。

 

f:id:pandanukichen:20201121231621j:plain

 

パン教室、それもオリジナルレシピなので、

今年のように、思いがけずレシピの改定が必要になると

沢山の試作をこなさねばなりません。

それはすなわち、たくさんの試食をこなすこと。

気を付けないと、太ってしまいます。

 

それに、コロナで家にいることが多く、

買い物も近場で、回数も少なく、太る要因だらけです。

コロナ太り、気を付けなければいけません。

 

ぱんだぬきは太りすぎ予防に湯上りに体重計に乗ります。

ここ3か月ほどはグラフにも付けています。

体重も体脂肪もできればあと4㎏と5%減らしたいですが、

高止まりのまま・・・変化ありません。

 

増えていないだけ、まあ良しとしましょう。

今日の昼過ぎ、

母のお世話になっている施設から電話がありました。

 

今は、コロナで面会が出来なくなっています。

ただ、だいぶ弱ってきて看取りも視野に入っています。

無理に食べさせたり、嫌がるリハビリさせたりさせず、

食べたいものを食べるようにしてもらって、

好きなように過ごしてもらいましょう、と

言うことになっています。

 

そんなわけで面会はしませんが

食事をちゃんと食べられず、栄養補助食品に頼ることも多いと聞いて

毎週、母の好きなプリンやゼリーを持って行っていました。

火曜日にカップデザート7個届けるのがここ二か月ほどの習慣です。

 

あまり買うことのない市販のカップデザートですが

今は本当に色々種類があって

クリームの乗ったのや、二段に分かれているもの、

チョコレートやコーヒー味のお菓子、

ティラミスやチーズケーキなど本当に色々。

目にも美味しいようで、喜んで食べるようになったと聞いていました。

 

昨日も火曜日、スーパーで7個選んで

施設の受付に届けました。

その時に、ちょっと手をぶつけてあざが出来ました、

と報告も受けました。

 

昨日行ってきたばかりなのに今日電話?

電話が入るとちょっとドキドキします。

母は不穏になると衣類や布団カバーを噛む癖があって

しばしば破けているのです。

それを飲み込んでしまうこともあるそうで・・・・

 

今度は何だろう?と電話に出ると・・・・

「ちょっとお願いがありまして・・・」

「申し上げにくいのですが…」

 

「おかあさま、頂いているお菓子を喜んでお食べになっているのですが」

「気がついいたら3か月前より6㎏ほど太られておりまして」

「看護のほうから、間食を減らすように言われてしまいました」

「喜んで食べているので、よかったねえ、と言っていたところだったのすが」

「しばらく持ち込みを止めていただけないかと・・・」

 

40㎏を割る体重で、食事がとれず、そろそろ看取りか・・・・

と言われていたのが3か月で6㎏増!!!!

 

痩せてきていた時はもう吸収が悪いのだろうと思っていました。

それが食事をとらないのがタダの好き嫌いからだったとは…

ちゃんと消化吸収して蓄える力があったとは。

好きなおやつならどんどん食べて全部身(いや脂肪)になっていたとは。

 

まったくねえ…笑わずにはいられませんでした。

施設内でのお愉しみ行事は多くが中止になり、

食事もとれないのではかわいそうに、と思って持っていったおやつで

コロナ太りです。

 

母の様に寝たきり高齢者の急激な体重増加は

褥瘡リスクを上げたり、心臓に負担が行ったり

いいことがありません。

 

はい、次はクリスマスまで、豪華版おやつを持っていきません、

とお約束して、電話を切りました。

 

施設の皆さん、お世話おかけして、すみません。

ありがとうございます。